2016年8月25日木曜日

夏の終わり

夏の終わり・・・配達帰路

平尾山の花壇、いろいろな花、いろいろな色、きれいです


もう黄葉?早くないですか。

 
和見峠を降りた所、空にうかんでいます。
 
 
石の塔が沢山、不思議な風景。
 
 
 
そこの看板
 
 
 
そして、荒船の絶壁
 
 
ただ、きれい
 
そして、拝礼。
 
 
 
内山のコスモス、咲いています。 
 
 
 
八月23日夕方六時。   ほそじいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




2016年8月13日土曜日

8月13日 土曜日。

本日の天気 晴れています。

絶好の牧場日和です。朝から ソフトクリームを求めて お客さんが来ています。

今日来場される方に是非会っていただきたい かわいい仔牛ちゃんを紹介します。

今日産まれました。かわいいですよ。とても癒されますよ。

牛舎の建物の中にいますので是非会いに来てください。


さらにもう一つ売店おすすめ商品の紹介です。

新商品のバター餅です。

藤岡市にあります 成田屋さんの作るバター餅 もちろん牧場のバターを使用しています。

バター餅  初めて聞く方も多いのではないでしょう?

バターの風味とほのかな甘さがなんとも言えません。なかなか珍しいのでお土産にどうですか?

本日もご来場お待ちしております。

加工部  菊池




2016年8月10日水曜日

夏のおすすめ商品


みなさんこんにちは。

梅雨が明け、毎日暑い日が続いていますね。

神津牧場の売店でも、毎日ソフトクリームと冷たいコップ牛乳が飛ぶように売れています。

今回は夏にぴったりな売店のおすすめ商品をご紹介します。

 

おすすめ その1
 
 牛さん帽子 350円(税込) 

 

 こども用(1~4歳くらい)の牛柄帽子です。

 角と耳がついた可愛い帽子はお子様連れのお客様に大人気です。

 

おすすめ その2

 にぎっ太郎シリーズ 950円(税込)

  にぎると「ピプー」と鳴く、細長いぬいぐるみ。
 
 

 

正面から見てもかわいいですね。

 


うしろ姿もちゃんとそれぞれ違うんですよ。
 
 

私も早速、姪っ子に両方をプレゼントしてみました。

 


なかなか気に入ってくれたようです。

 

最後に、ここ最近の売店での出来事。

神津牧場オリジナルTシャツ410円(税込)がなんとついに残り2枚になってしまいました。
 

 

時代を感じさせるファンシーなデザイン・・・・。

どうやら20年近く前のものだそうです。

激安のため売り切れてしまったらごめんなさい。

こんなところでも、神津牧場の歴史を感じられました。
 

もうすぐお盆期間、たくさんのお客様のご来場をお待ちしております。 

 
売店 佐藤

2016年8月3日水曜日

限定信州味噌バター使って


こんにちは。


今回は、味噌バターを使って2品簡単な料理を作ってみました。
 

1品目は味噌バターを使ったポークソテーです。


味噌バターをぬって焼くだけで出来ます。
味噌バターを塗る時は、手で塗ると手の熱でバターが程よく溶けてまんべんなく塗れると思います。
焼くときは、味噌が焦げやすいのでなるべく中火で様子を見ながら焼いてください。

2品目は野菜炒めです。

超簡単、野菜炒めに味噌バターをお好みの量を入れて炒めるだけです。
色どりにアスパラを入れてみました。
アスパラとの相性はとても良いです。

他にも、野菜スティックをマヨネーズと味噌バターを混ぜたソースで食べてもおいしいと思います。色々な料理に使えると思うので試してみてください。

信州味噌バターはマイルドに作ってあるため、濃いめの味が好みの方は市販の味噌や塩で味の調整をしてください。

この商品は、味噌屋さんこだわりの特別な味噌だったのですが入手が困難になってしまった為今有る在庫しかありませんので購入される方は牧場に在庫の確認の上ご購入ください。

                                                                                                          

                                                                                                                               加工部   中黒



2016年7月22日金曜日

牧草ロール作り


 




 畑に転がっている白いロール・・・。
何だかちょっと不思議な景色に見えるかもしれませんが、今年収穫したばかりの牧草ロールです。
ただ今、神津牧場ではこの牧草ロールの収穫作業が進行中です。
 
牧草ロールは主に冬場、牛に与える貯蔵飼料になります。
夏場は牛を放牧して、自分達で勝手に牧草を食べてもらいますが、牧草の伸びない冬場はそうも
いきませんので、貯蔵しておいた牧草ロールを与えるわけです。
その数はなんと700〜800個くらいになります。
それでもまだ足りないくらいですが、牛達はそれをひと冬でペロリと食べてしまいます。
牛は本当に大食漢ですね。
でもそのおかげでおいしい牛乳をたくさん出してくれるわけですから、我々も質、量共に良い牧草ロールを作ることに気合が入ります。



おいしい牧草ロールの作り方

まず天気予報を十分確認し、その日が一日晴れていそうならば、
ディスクモアという作業機を付けたトラクターで牧草を刈り取っていきます。

  
刈り取った牧草はそのままでは水分が多すぎるので、天日で乾かします。
数時間経つと、牧草の表面は乾きますが下面の方は乾かないので、テッダと呼ばれる作業機で数回牧草をひっくり返してむらなく乾かします。        
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
     
                                                                                                                                              

 牧草が乾いたら、ロータリーレーキという集草機で牧草の畝を作っていきます。                                
                                    





 

ロールベーラーを」付けたトラクターで牧草を収穫します。
ロールベーラーに牧草が吸い込まれていきます。
この時、霧状にした乳酸菌を牧草に添加していきます(何故かは後程)。

                                                        

                                                                                               
                                                   



ロールベーラーが開きぐるぐる巻きになった牧草ロールが出てきます。







ラッピングマシーンで牧草ロールをラップでグルグル巻にして、
空気を遮断します。
密封された牧草ロールの中では発酵が始まり、この時乳酸菌が多く含まれていると、よりおいしい牧草ロールができるというわけです。

ここまで雨に降られずに完走できればよいのですが、
雨にあたると牧草ロールの質は落ちるし、
さらに作業自体も一からやり直しとなります・・・。

そんな不運な時もありますが、まだまだ今シーズン10月くらいまで続きます。
ガンバルぞー!







おいしいロールはできたでしょうか?


                                                  (田部井)











               

2016年7月13日水曜日

野生の動物


標高1000mの高原の牧場にいるといろいろな野生の動物に会うことがあります。
今までに、写真に撮ることが出来た動物の一部を紹介します。



放牧地をうろついていたアナグマです。写真を撮ろうとしたらすたこらさっさと逃げて行きました。



ご存じのシカの群れです。飼っているわけではありません。本来牛が食べるための牧草をたべてしまい迷惑しています。


 
子供のころから慣れていたシカがそばまで寄ってくることもありましたが、ここの所見かけません。
 




 
なんと天然記念物のヤマネがいました! ロッジの布団の中から出てきました。最初はネズミかハムスターかと思いましたが・・・。もちろん山に放しました。

 
このキジも人に慣れているのか、時には近くまで寄ってきていましたが、最近見かけません。どこに行ったのでしょう。
運が良ければ、来場した時に会えるかもしれません。
 
また、新たな写真が撮れたらお知らせします。(英)

2016年7月9日土曜日

牧場Now! -梅雨の晴れ間の牧場風景-

神津牧場は上州(群馬県)と信州(長野県)の境にあります。
 
 
この鉄塔のところが県境の分水嶺です。右側のこんもり高いところが牧場で一番高い、物見山(1337m)の山頂になります。
 
 
 
振り返って、北西の方向には軽井沢も見えます。写真の左側が浅間山になりますが、雲に隠れていました。
 
 
久しぶりに晴れて、気持がよいせいか、牛もうれしそうにして牧草をムシャムシャ食べています。雨の日はモシャモシャ食べます。
 
(加藤)